保湿する方法は?

保湿する方法の前に、まず保湿には2種類あるということを理解することが必要です。前項で触れていますが、保湿は水分だけでなく油分を取ることが必要です。つまり保湿には水分と油分を補うものが必要であり、この性質の違う2つを1つのもの(製品)で補うことはできないということです。油分は肌のバリア機能としての保湿となります。これはクリームやオイル系のものになります。水分は肌の水分量を調整するものであり、化粧水がメインとなります。

乾燥肌を防ぐためには、スキンケア用品で十分対応が可能ですが、乾燥肌が進んでいる状態やアトピーの症状が少し出始めている場合は化粧品では追いつきません。そうなると保湿剤になります。保湿剤は外気の水分を吸着するタイプ、水分を抱え込んで保持するタイプ、水分をはさみ込んで保持するタイプがあり、含まれている成分も違っており、刺激が強いものもあります。そのため使用する箇所も制限されることがありますのでどのタイプを使用するか見極める必要があります。

またアトピーの原因や症状、アレルギー症状の成分は個人で違ってきますので、使用前には必ず異常のない皮膚の薄い部分に塗ってパッチテストを行い様子を見ましょう。パッチテストを行ったことがない人は、医師に相談することから始めてみることをお勧めします。